TCPコネクション管理動作

3ウェイハンドシェイク

TCPのコネクションは3ウェイハンドシェイクという方法で管理されています。
コネクションの確立はクライアントがSYNビットをセットしたパケットを送信しサーバがクライアント側のSYNパケットに対するACKビットとSYNビットをセットしたパケットを送信します。そのパケットを受信したクライアントがACKビットをセットしたパケットを送信します。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました